西荻窪での養蜂についてお話します(12/9)

「街でミツバチを飼うということ」
 ミツバチと地域の自然環境、ミツバチの不思議な生態について初心者でもわかるようにやさしく解説します。参加希望者は電話でお申し込みを。

お話:一般社団法人 養蜂文化情報ネットワーク代表 山口 朝
日時:2017年12月9日(土) 午後2時~4時
会場:杉並区立環境活動推進センター 3階 講座室(杉並区高井戸東3丁目7-4)
アクセス:京王電鉄井の頭線「高井戸駅」から徒歩2分
定員:約30名(申込順)
対象:杉並区内在住、在勤、在学の方
会費:無料
お申込み:杉並区立環境活動推進センター TEL:03-5336-7352

西荻窪での養蜂についてお話します(12/9)」への1件のフィードバック

  1. 兼平です。活動に応援いたします。ここ数年 「日本みつばち」は非常に減少しているのですが、「西洋ミツバチ」が増え、東京都に飼育届を出していない趣味の養蜂がかなり増えているようです。東京都は、個人情報はと断らるのですが、杉並区では、環境課で、飼育の場合の情報交換した方が、お互いに良い状況が生まれると思っています。申し入れしていただけませんか。以前は杉並区の要請で「みつばち」の保護の依頼を受けていましたが、最近来ません。昨日から今朝にかけ、「日本みつばち」1群「西洋ミツバチ」の盗蜜に逢い、全滅してしまいました。「西洋ミツバチ」は強力ですので、業としてやるならそれなりに届けて飼育すれば、距離を調整して飼育すればいいのですが、趣味で飼われると近隣の「日本みつばち」はやられてしまいます。そんな情報網はありませんか。お互い協力が必要ですね。在来種日本みつばち保護活動しているとのことですので、よろしくお願いします。状況をブログにのせました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中